2022年07月20日

金アジ定義

金アジの定義(あくまでも裕司船長の経験上の金アジ定義です。)

☆猿島周辺で釣れているアジ特に20センチ前後で長さの割には「体高」があり「尾」が黄色ぽい魚体で1番の特徴は、お客様が帰宅後クーラーBOXから出した時に『釣った時と同じ色をしています。』一緒に交じる大型アジ(通称クロアジ)とは一目瞭然分かります。

1576322E-4873-4C6E-9378-C0B9CAC26768.jpeg
3537E3BD-2057-4C42-AB45-80B4D93EEFDA.jpeg

ひと昔前はグルメ思考で鮮度の良い物を良いうちに食しましたが、昨今は『熟成ブーム』となり寝かして、寝かしてからの実食となる方も多いかと!金アジは身自体が「水ぽく」ないので、寝かしても身がしっかりしていて「旨味、甘み」が味わえるかと。

また、夕食で余ったアジ刺身を醤油に漬けて、翌朝ご飯に乗せて食べると一段と美味しいですよ👍

水分を含まない身なので醤油が身に良く染みて美味です⭕️

DFC920F5-9300-4FA5-9E31-E8F860D29108.jpeg316DE97A-123A-4612-BECC-F021FD020605.jpeg
30センチオーバーの大型アジ通称「クロアジ」は釣り味最高❗️食しても食味バツグンです、共に釣たてのピチピチアジなので刺身、ナメロウ、フライト、塩焼き、煮付けと美味しく食して下さい。

1590A1EB-234D-4654-BC6A-B6F66E4D96BA.jpeg7BAFFAC7-30C7-42FB-89C0-2072E403F0FF.jpeg9F72F731-D3FB-4DD6-B5D7-FB532EAD643B.jpeg
posted by 裕司船長 at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする